プライマリー・サービシング

証券化を含む商業用及び住宅ローン債権のサービシングにおいて業界トップクラスのプライマリー・サービサー

キャピタル・サービス(キャピタル)は、国際機関投資家層を顧客とする商業用および住宅用正常債権の管理回収分野において、業界トップクラスのプライマリー・サービサーとして、スタンダート&プアーズより高い格付け評価を受けています。総額5,150億円、19件のCMBS、5件のRMBSを含む証券化ローン、ストラクチャード・モーゲージ・ローン、コンデュイット・ローンのサービシング業務に伴う豊富な経験を有します。

キャピタルのプライマリー・サービシング部門は、スペシャル・サービシング部門と緊密に連携を図りながら、不良債権化したローンの取り扱いをシームレスに移行しています。また業界最先端の債権管理システムであるSCOREにより、正常債権および不良債権が一つに統合されたシステムに登録され、全てのアセット・データを蓄積して一括管理し、一貫して正確で国際水準に則したレポートを遅滞なくご提供しています。

プライマリー・サービサーは正常債権管理の最前線業務を担当します。その業務には債務者からの毎月の元金、利息、第三者支払の回収、延滞管理、繰上返済計算、投資家への送金、報告などが含まれます。


アジアでの資産価値を最大化するためにキャピタル・サービスがお役に立てることがありましたら、またはアジアへの投資をお考えの際は、是非こちらまでご連絡ください。