キャピタル・サーヴィシング債権回収株式会社

キャピタル・サーヴィシングは1999年に法務大臣より債権管理回収業の許可(法務大臣許可第23号)を受け、サービサー法を厳守して営業する独立系サービサーです。これまで10年以上に渡り、総額5兆円を超えるアセットを取り扱い、投資家の皆様に代わり一貫してレゾリューション目標を上回る業績を上げてまいりました。また、総額5千億円を超える24件の日本の証券化案件(CMBS及びRMBS)に関してもサ―ビシング実績を積んでいます。

当初は不良債権ポートフォリオのサ―ビシング業務に特化したスペシャル・サービサーとして営業を開始し、その後日本におけるディストレスト債権市場の急速な成熟に伴い、プライマリー・サービサー、マスター・サービサー、バックアップ・サービサーとして業務範囲を拡大させてまいりました。

キャピタル・サーヴィシングは日本において最も高い格付が付与されている独立系サービサーとして、アジア地域のキャピタル・サービスの中核を担っています。その経営陣及びスタッフは、各業務分野において長年に渡る国際経験を通して多くの国の特性を理解し、多様なスキルを積み上げて参りました。これにより、国内外の顧客の皆様のご要望にお応えいたします。

キャピタル・サーヴィシングの確かな業績は、最先端システム及び詳細に規定された業務マニュアルによる業務体制の上に築かれたものです。我々は国内における企業統治及びリスク管理体制の構築にも多くの資金を投じ、リスクの低減と法令遵守の遂行を徹底しています。

詳しくはこちらまでご連絡ください 。

個人情報保護方針へ
反社会的勢力に対する基本方針へ
架空請求に関するお知らせへ